事業案内 特定建築物定期調査

特定建築物定期調査報告(1回/1年~3年)

2020年度 特定建築物定期調査の対象建築物は事務所・飲食店・物販店及びそれらを含む複合用途

劇場、百貨店、ホテル、病院、物販店、共同住宅、事務所など不特定多数の人が利用する建築物
(これを特定建築物といいます)において、大きな事故や災害の発生を未然に防ぎ建築物の安全性や
適法性を確保するために、建築基準法により調査資格者がその建築物の敷地及び地盤、
建築物の外部、屋上及び屋根、建築物の内部、避難施設等、その他について1~3年毎(別紙参照)
調査し、特定行政庁に報告するものです。

法定調査・検査パンフレット総合案内(東京都)』『共同住宅(東京都)のご案内
2020年度の「ご案内用ハガキ」・・・
こちら

特定建築物定期調査 業務内容

敷地及び地盤

画像
万年塀調査

建築物の外部

画像
外壁打診調査

屋上及び屋根

画像
屋上打診調査

建造物の内部

画像
屋内部分打診調査

避難施設等

画像
自然排煙窓の開閉検査

その他

画像
避雷針調査