事業案内 消防用設備等点検

消防用設備等点検報告

消防用設備等は、いつ火災が発生しても確実・正常に作用する状態でなければならずそのために日頃から適切な維持・管理が必要となり、消防法で義務づけられている防火対象物の関係者(所持者・
管理者・占有者)は消防法17条3の3に基づきその設置された消防用設備等(消火器・屋内消火栓・
スプリンクラー・自動火災報知設備・非常用放送設備・防排煙設備)を定期的に点検し、
その結果を消防長又は消防署長に報告するものです。

消防用設備等点検 業務内容

総合点検(1年に1回)

消防用設備等の全部又は一部を作動させ、総合的な機能を確認します。

画像
受信機点検
画像
誘導灯点検
画像
感知器試験
画像
消火栓BOX点検
画像
消火栓ポンプ廻りバルブ類点検
画像
消火栓放水試験

機器点検(6か月に1回)

設備の種類に応じて、外観や配置、機能について、目視又は所定の操作により確認します。

画像
受信機点検
画像
受信機操作
画像
消火器点検中
画像
非常警報装置点検
画像
消火栓BOX点検
画像
救助袋点検